愛知県立半田高等学校柊会の公式ホームページへようこそ

柊会の主な事業

【柊賞】
 本賞は、本校在学中、学業及び文化若しくは運動の分野において、秀れた業績を挙げ、本校の歴史と伝統を担うに足ると認める生徒に対して授与されるもので、次の条件を満たす者に限り授与することとしております。昭和56年度から学校、柊会、PTAの3者が主体となって実施しています。
 ①学業成績が極めて優秀であること。
 ②部活動又は生徒会活動等に積極的に参加し、その発展に貢献していること。
 ③人物及び生活態度が、常に信頼と友愛とを得ていること。

【卒業30周年記念事業】
 卒業して30年周年を迎える同窓生有志が中心となって、次の3つの事業を実施しています。
 1柊陵セミナー
   卒業30周年を迎えた同窓生が、講師となり自らの活動を紹介しながら在校生への応援メッセージを送る事業
  で、平成2年度から始まりました。
  

 2在校生論文顕彰事業
   本事業は、半田高等学校在校生の将来に対する自覚を促し、明日の世界に生きようとする夢と希望と意欲の
  涵養に資することを目的に、柊会、学校、PTA及び卒業30周年同窓生有志が主体となって実施しています。
  卒業30周年同窓生有志が中心となって、毎年さまざまなテーマを決め、在校生に広く論文を募集するもので、
  平成2年度から始まりました。
         
        
 3記念品贈呈
   卒業して30周年を迎える同窓生が、これを記念して在校生のために教育環境の整備のための寄付を
  実施しています。

【法曹と語る会】
 半田高校卒業の裁判官、検察官、弁護士等をお招きし、身近な法律問題から裁判員制度や死刑制度の是非などについて意見を交換する会を開催する事業を実施しています。

【柊会人材育成基金】
(愛称:HaRT Support Fund ハートサポートファンド)

 令和元年5月、半田高等学校100周年記念事業の一般寄附を主な財源として「柊会人材育成基金」を創設しました。
 この基金は、半田高等学校の在校生が充実した教育を受け、それぞれの夢を実現するための支援を行うことを目的としております。
 今後数年にわたり、国際交流事業や部活動への支援を行います。



母校ホームページ
昨日 :
今日 :
累計 :
ページのトップへ