愛知県立半田高等学校柊会の公式ホームページへようこそ

会長・校長挨拶

校長挨拶

suzuki 柊会の皆様には、日頃より母校の教育活動に深い御理解を頂くとともに、昨年度の百周年行事も含め温かい御支援を賜り、深く感謝いたします。
 平成31年4月に、御勇退なされました澤田哲校長の後任として着任いたしました。赴任するにあたり、昨年度刊行されました「半田高等学校百年誌」を熟読し、本校の持つ「伝統の重み」を改めて実感するとともに、その任の重さに身が引き締まる思いです。

 柊会会報の第1号に初代会長である新美保三氏の言葉が紹介されています。
曰く「学園はここに学ぶ生徒たちのものだけでなく、ここに育まれ巣立った者たちにとっても切り離さない根であり幹でもあります。(後略)」と。
この言葉通り、多くの先輩方が、切磋琢磨しながら人生の礎を築いた青春時代に思いをはせ、母校愛を抱き、陰に日向に後輩たちを支えてくれています。特に、昨年度は大正13年度に建てられた旧武道場を七中記念館として再生していただきました。この七中記念館は、在校生にとっては「新しい学び」の発信の場、そして柊会の皆様には本校の象徴として慕われております。
 そして、七中記念館の入口には、「自学 自治 自鍛」と彫られた木板が掲げられています。初代校長である鈴木周作先生が掲げられたこの精神を、在校生諸君もしっかり受け継ぎ、文武両道にわたり、大いに力を発揮してくれています。
 また、次の百年に向かって、平成25年度に文部科学省から指定されたスーパーサイエンスハイスクール事業を核に、これからも「挑戦する人」を育ててまいります。柊会の皆さんにとって、本校が誇れる「根」や「幹」であり続けられますよう、これまでと変わらぬ御支援を賜りますようお願い申し上げます。

 平成31年4月
            愛知県立半田高等学校校長 鈴木 歩



母校ホームページ
昨日 :
今日 :
累計 :
ページのトップへ