愛知県立半田高等学校柊会の公式ホームページへようこそ

東京柊会

会長挨拶

sakakibara 東京柊会の会員の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平成18年から本会の会長を務めております12回生の榊原定征です。
 東京柊会は、柊会の関東地方の支部として昭和54年7月に発足しました。現在の会員数は、関東一円に在住する卒業生で、2,700名を超えております。
 東京柊会総会は3年毎に開催しており、平成27年8月29日(土)には第13回東京柊会総会を経団連会館(経団連ホール)で開催しました。当日は、関東一円だけでなく、全国から500名近くの多くの会員の皆様のご出席をいただき、盛大で活気に満ちた会となりました。ご参加いただいた会員の皆様に、この場をお借りして改めて厚く御礼申し上げます。特に、若い会員の方々が多数参加していただいたことは、本会の益々の発展を期する上で、大変心強く感じているところであります。
 さて、母校半田高等学校の前身校である愛知県立第七中学校が、大正8(1919)年に開校されて以来、平成30(2018)年には100周年という大きな節目を迎えます。100年にわたる母校の歩みを振り返り、その歴史と伝統を継承して、次の100年の発展につなぐことが出来る、またとない機会であります。現在、柊会、PTA、学校の3者が一体となって半田高等学校100周年記念事業実行委員会を設立し、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業を応援する人材育成事業、教育環境の整備、記念誌の刊行、記念行事等の記念事業を計画していると伺っております。
 東京柊会としても、文武両道を校風とし輝かしい実績をもつ母校が、今後も引き続きその創立の精神を堅持し、高い志をもって内外に活躍する人材を育成することは、大変重要なことであり、このための支援は惜しまないところであります。
 平成30年に予定している次回の東京柊会総会は、100周年の記念の年とも重なり、前回にも増して大いに盛り上がることと思います。皆様の一層のご理解とご協力をお願いいたします。
 最後に、会員の皆様の、ますますのご健勝とご活躍、ご多幸を心から祈念して、挨拶といたします。
   平成28年4月
              東京柊会会長(日本経団連会長)
                   榊 原 定 征



母校ホームページ
昨日 :
今日 :
累計 :
ページのトップへ